大相撲初場所

12年半ぶり全6段で日本出身力士が優勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
優勝を決め、賜杯を手にバンザイをする琴奨菊(手前中央)=東京・両国国技館で2016年1月24日、竹内幹撮影
優勝を決め、賜杯を手にバンザイをする琴奨菊(手前中央)=東京・両国国技館で2016年1月24日、竹内幹撮影

 大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われ、東大関の琴奨菊(31)=本名・菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が初優勝を飾った。日本出身力士の優勝は2006年初場所の大関・栃東(現在の玉ノ井親方)以来、10年ぶり。

 また初場所の各段優勝は十両・英乃海(東京出身)、幕下・栃丸(同)、三段目…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集