メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

フリースクール、義務教育に

イラスト・藤井龍二

学校に通ったとみなすべきか。国会議員らの議論が続いています

 不登校の子どもたちが通う「フリースクール」を小学校や中学校と同じ「義務教育」の一つの形として認めるべきか。認めるとすればどんなルールを作ればいいのか−−。こんな議論が国会議員や教育関係者の間で続いています。

 義務教育とは何でしょうか。憲法に「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する」「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする」とあります。子どもに教育を受ける権利があり、保護者に教育を受けさせる義務があるという意味です。法律で小学校6年間、中学校3年間と決めていて、公立の小中学校は授業料をとりません。

 ところが、いじめられたり、集団生活にどうしてもなじめなかったりなど、さまざまな事情から不登校(病気や経済的な理由以外で年に30日以上欠席)となってしまう子がいます。2014年度は小学生約2万6000人、中学生約9万7000人に上りました。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです