メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

育休取得で「革命」を

国会議員の育休を議論する緊急フォーラムで、あいさつする宮崎謙介議員(中央)=東京・日本橋のホールで、堀山明子撮影

 昨年12月に「育休取得」を宣言した自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が、党幹部のお叱りを受けた。「みんなに迷惑を掛けるな」が理由の一つ。確かに、選挙で選ばれた国会議員は育児・介護休業法の対象外で男性議員の育休制度はない。でも、安倍晋三政権にとって子育て支援や少子化対策は重要課題のはず。何かおかしくありませんか。【堀山明子】

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです