メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

玉村町長選 「盤石」の現職敗北 低投票率頼みにそっぽ /群馬

 24日投開票された玉村町長選で、新人で医療法人理事長の角田紘二氏(73)が、4選を狙った現職の貫井孝道氏(72)を破った。極寒の中、投票率は45・10%と過去最低を更新。有権者の無関心さばかりが際立つ「熱狂なき町政交代」となった。

 両候補の主張に分かりやすい違いがなく、争点らしい争点もない選挙戦。「現職は派手な実績はないが失政もない。議会との関係も良好」(非自民系町議)と保守系から共産党まで町議の多くから支持され、連合群馬とも政策協定を結んだ貫井氏は、盤石の態勢に見えた。

 24日の投票日。町選管は4年前の町長選では投票終了時間を1時間繰り上げていたが、今回は公選法の規定…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです