メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

長崎 中3いじめ自殺=樋口岳大(長崎支局)

両親が自宅に飾った松竹君の写真=長崎県新上五島町で2015年11月、樋口岳大撮影

 ◆樋口岳大(たけひろ)

「空気」見過ごした学校

 長崎県新上五島町で2014年1月に町立奈良尾中3年の松竹景虎(かげとら)君(当時15歳)が自殺した問題を検証する町設置の第三者委員会(委員長・大谷辰雄弁護士)が、繰り返し悪口を言われるなど「過酷ないじめ」が原因で「生きている価値がないと思わされるほど追い詰められ自殺した」とする報告書を6日、町に提出した。教員がいじめを見逃すなど多くの問題も指摘しており、学校や生徒はその内容を正面から受け止めてほしい。それなしに遺族が前を向くことはできないと思う。

 3学期の始業式が予定されていた14年1月8日の朝、いつも通り家を出た松竹君は近くの町営グラウンドで…

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文1887文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです