メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「天神の大杉」無念の枯死 樹齢800年、津波受け再生ならず 岩手・陸前高田

杉の枯死に心を痛める荒木真幸宮司(右)ら=岩手県陸前高田市気仙町で2016年1月23日、根本太一撮影

 東日本大震災の津波で流失した岩手県陸前高田市の今泉天満宮で、1本だけ残った樹齢約800年の杉が伐採されることになった。幹回り2・7メートル、高さ約30メートルの神木だが、枯死したため神社側は危険と判断。氏子らが25日、伐採を了承した。

 今泉天満宮は気仙川沿いにある。菅原道真をまつった京都・北野天満宮を分霊し、江戸城の築城で知られる太田道灌(どうかん)が1481(文明13)年に建立したと言われている。

 杉は地元で「天神の大杉」と親しまれ、江戸末期の北辰一刀流の開祖で、陸前高田出身の千葉周作にゆかりが…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです