メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手・陸前高田

樹齢800年の大杉、無念の枯死

杉の枯死に心を痛める荒木真幸宮司(右)ら=岩手県陸前高田市気仙町で2016年1月23日、根本太一撮影

 東日本大震災の津波で流失した岩手県陸前高田市の今泉天満宮で、1本だけ残った樹齢約800年の杉が伐採されることになった。幹回り2.7メートル、高さ約30メートルの神木だが、枯死したため神社側は危険と判断。氏子らが25日、伐採を了承した。

 今泉天満宮は気仙川沿いにある。菅原道真をまつった京都・北野天満宮を分霊し、江戸城の築城で知られる太田道灌(どうかん)が1481(文明13)年に建立したと言われている。

 杉は地元で「天神の大杉」と親しまれ、江戸末期の北辰一刀流の開祖で、陸前高田出身の千葉周作にゆかりが…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです