蔵出しみかん

熟成で甘み増す 和歌山・海南

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
土蔵の中の木箱に入れられ熟成が進む「蔵出しみかん」=和歌山県海南市で、小関勉撮影
土蔵の中の木箱に入れられ熟成が進む「蔵出しみかん」=和歌山県海南市で、小関勉撮影

 和歌山県海南市下津町で、収穫したミカンを土蔵で寝かせる特産の「蔵出しみかん」の熟成作業が進んでいる。

 ミカンは昨年12月に収穫し、湿度や温度の変化が少ない土蔵に設けられた特製の木箱で保管している。1〜3カ月間熟成を続けると、余分な水分が抜けて甘みが増すという。「蔵出しみかん」を取り扱うJAながみね…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

あわせて読みたい

ニュース特集