ツタヤ

通知カードを会員登録に利用 政府「適切でない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 レンタルソフト店大手「TSUTAYA(ツタヤ)」が、マイナンバー制度の個人番号が記載された「通知カード」を新規会員登録の際の本人確認に利用していたことが25日分かった。政府の担当者は通知カードを本人確認書類として扱うことは適切でないとしている。

 ツタヤ広報部によると、同社は、昨年10月16日から、保険証や光熱費の請求書と合わせた本人確認に通知カード…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集