メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『地に巣くう』あさのあつこ・著

◆『地に巣くう』あさのあつこ・著(光文社/税抜き1600円)

 おなじみのはず、だった。

 時代も町も、登場人物の仕草も表情も、それぞれの決め言葉も、みんな、みんな。

時代小説のもたらすおなじみ感、安定感か。捕物帳シリーズの第6作ならなおさらだ。薄気味悪い騒々しさで政治も社会も悪(あ)しき方に落下していく近年、反骨の主人公を擁するシリーズもの時代小説が大人気なのは当然だろう。

 この作品はちがった、という思いが、読みだしてすぐせりあがってくる。北定町(じようまち)廻(まわ)り同心、木暮信次郎。岡っ引きの伊佐治、小間物問屋主人、遠野屋清之介。おなじみの人物たちなのに、おなじみなんて印象はたちまち消し飛び、今はじめて接する人物のごとき暗く激しい初々しさで迫ってくる−−。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  3. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  4. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです