メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

赤堀雅秋 壮大なミニマム描く 東京・兵庫などで新作舞台「同じ夢」

赤堀雅秋=濱田元子撮影

 飾らない言葉一つ一つに、稽古(けいこ)場の充実感と楽しさがにじみ出る。劇作家・演出家、そして俳優の顔を持ち、大劇場へと活躍の場を広げる赤堀雅秋。作・演出を手がける新作舞台「同じ夢」は光石研、大森南朋(なお)、田中哲司といった一筋縄ではいかない個性派俳優と、がっつり組んでいる。今回は赤堀ワールドともいえる、日常を切り取った人間ドラマ。「地味だけど“壮大なミニマム”を逃げずに書いた」と語る。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです