メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行政不服審

県や16市町村など共同設置 来年度から /鳥取

 県と県内の16市町村、広域連合など11団体は2016年度から、自治体などの処分や決定に関する不服審査をチェックする第三者機関「県行政不服審査会(仮称)」を共同で設ける。行政不服審査法の改正で各自治体が第三者機関の設置を義務付けられるが、県内では不服申し立て件数が少なく、共同設置で負担軽減と効率化を図る。

 自治体などの不服審査は、市民から処分などへの不服が申し立てられた際、その自治体が処分の妥当性を審査している。その公正さを担保するため、新設される行政不服審査会が自治体などの審査判断が適切かどうかをチェックする。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです