メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

損得でなく、素性も=中村秀明

 <sui−setsu>

 「どこの料金プランがお得なのか?」

 「月々、どのくらい安くなるのだろうか?」

 新たに100社以上が加わって4月に始まる家庭向けの電力自由化を、新聞だけでなくテレビの情報番組も大きく取り上げ始めた。

 その視点はもっぱら目先の経済性、つまり「損得」にあるようだ。ガスや携帯、ガソリンとのセット割引、ポイントサービスの導入など複雑すぎて迷う人が多いだろう。

 だが、ちょっと待ってほしい、と言いたい。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文958文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです