メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

損得でなく、素性も=中村秀明

 <sui−setsu>

 「どこの料金プランがお得なのか?」

 「月々、どのくらい安くなるのだろうか?」

 新たに100社以上が加わって4月に始まる家庭向けの電力自由化を、新聞だけでなくテレビの情報番組も大きく取り上げ始めた。

 その視点はもっぱら目先の経済性、つまり「損得」にあるようだ。ガスや携帯、ガソリンとのセット割引、ポイントサービスの導入など複雑すぎて迷う人が多いだろう。

 だが、ちょっと待ってほしい、と言いたい。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです