JR北海道

車掌が居眠り 後輩を指導中に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR北海道の男性車掌(37)が昨年12月、函館線普通列車に乗務して後輩車掌を指導中に約1時間、断続的に居眠りをしていたことが26日、同社への取材で分かった。目撃していた乗客がJR北にメールで連絡して発覚した。JR北は「ドアの開閉や車内放送は後輩車掌がしており、運行に影響はなかった」として発表してい…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

あわせて読みたい

注目の特集