メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

作家の大宮エリーさん 進学の動機はモラトリアム 人生考える時間に

大宮エリーさん=東京都千代田区で、米田堅持撮影

 作家、映画監督、CMプランナー……さまざまなシーンで才能を発揮する大宮エリーさん。脚本で参加したNHKの「サラリーマンNEO」、映画監督デビュー作となった「海でのはなし。」などの代表作があります。常にアクティブに活躍する大宮さんですが、18歳のころは、そうではなかったようです。最新刊「なんとか生きていますッ2」(毎日新聞出版刊)の一章に受験生時代を振り返り、「受験は情報戦でもある」とも。さて、その理由は? そして真の進学の動機とは。「18歳の大宮エリー」を振り返ってもらいました。【聞き手・江刺弘子】

 1浪して東京大学の薬学部に進みました。高校時代は植物の研究がしたくて、東大の理系を志望しました。しかし数学と化学ができない。進路相談の時に先生から「おまえ間違えて理系にマルしていたので、文系に直しておいたよ」と言われたほど。「間違いじゃない」とねばっていると先生が「東大は受験科目数が多いので、数学が0点でも文系の科目がほぼ満点だったら受かるんじゃないか」と言うんです。「えっそうなんだ、受かるんだ…

この記事は有料記事です。

残り2702文字(全文3155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです