メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代表質問

詳報

 ◆参院代表質問 詳報

 赤字国債の発行に必要な特例公債法案は単年度に限るべきで、複数年度化で財政規律が形骸化する。

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案を国会提出するのか。甘利明経済再生担当相が金銭授受を「覚えていない」とは理解不能だ。安倍晋三首相は確認したのか。

 安全保障関連法に基づく新任務を秋に先送りするのは、参院選前の争点化を避ける狙いではないか。「子どもの貧困」をどう認識するか。正規と非正規、都市と地方の格差が固定化しており、人への投資を軸とする公正な分配にかじを切るべきだ。参院選では首相による改憲に必要な3分の2の獲得を阻止する。予算案や法案は議論を重ねてこそ国民の納得が得られる。

 沖縄県宜野湾市長選の勝利は、米軍普天間飛行場の返還実現という首相の信念が沖縄で支持された結果だ。

 株価と原油価格の下落は、デフレ脱却に向けて難しい局面だ。中国経済が本格的に悪化した場合、来年4月の消費増税の延期はありえるのか。軽減税率の財源1兆円の確保はどう進めるか。TPP締結に当たり、米国から新たな要求はないと確認したい。「1億総活躍」には格差の解消や多様性を尊重する観点も必要だ。

この記事は有料記事です。

残り2468文字(全文2966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです