メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
3・11後のサイエンス

汚染源はどの原子炉か=青野由利

 5年前の3月、東京電力福島第1原発1〜3号機の原子炉で何が起き、どのように各地に放射能汚染を広げたのか。事故の実態を知るのに欠かせないデータなのに、今もって正確に分からないのがもどかしい。

 ただ、大気への放出量や拡散・沈着のプロセスはこの5年で解明が進んだ。事故直後からこの課題に取り組んできた日本原子力研究開発機構の茅野(ちの)政道・企画調整室長は「解析はほぼ一段落した」と話す。

 茅野さんらのチームが一貫して行ってきたのは、世界版SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワー…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文922文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです