メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3・11後のサイエンス

汚染源はどの原子炉か=青野由利

 5年前の3月、東京電力福島第1原発1〜3号機の原子炉で何が起き、どのように各地に放射能汚染を広げたのか。事故の実態を知るのに欠かせないデータなのに、今もって正確に分からないのがもどかしい。

 ただ、大気への放出量や拡散・沈着のプロセスはこの5年で解明が進んだ。事故直後からこの課題に取り組んできた日本原子力研究開発機構の茅野(ちの)政道・企画調整室長は「解析はほぼ一段落した」と話す。

 茅野さんらのチームが一貫して行ってきたのは、世界版SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)などの大気拡散シミュレーションとモニタリングポストなどの実測データを突き合わせ、放射性物質の放出・拡散の全体像を推定することだ。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです