メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

議連が差別禁止法案策定作業着手へ

 性同一性障害や同性愛など性的少数者(LGBT)への差別をなくすための超党派による議員連盟は27日、LGBT差別禁止法案の策定作業に着手する方針を決めた。今国会中にも中間報告を取りまとめる。議連会長の馳浩文部科学相は「与野党の主張がぶつかり合うのではなく、置かれている立場の人への配慮が必要だ」と語り、党派を超えた法案の共同提案に意欲を示した。

 LGBT議連は同日の総会で菅原一秀衆院議員(自民)を座長とする立法検討ワーキングチームの設置を了承。28日に初会合を開く。LGBT差別禁止法案を巡っては民主党が昨年末、法案化に向けた骨子案をまとめ、国や地方自治体、企業で性的指向を理由とした差別的扱いを禁じることなど国の指針策定を求めた。議連も民主党案を参考に議論を進める。

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです