英メディア

進む「デジタル優先」 ジャーナリストが講演

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フィナンシャル・タイムズのデジタル化の現状などについて講演する在英ジャーナリストの小林恭子さん=2016年1月27日午後3時15分、東京都千代田区の日本記者クラブで尾村洋介撮影
フィナンシャル・タイムズのデジタル化の現状などについて講演する在英ジャーナリストの小林恭子さん=2016年1月27日午後3時15分、東京都千代田区の日本記者クラブで尾村洋介撮影

英メディア事情 進む「デジタル優先」

 欧州のメディア事情に詳しい英国在住ジャーナリストの小林恭子さんが27日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で英大手経済紙「フィナンシャル・タイムズ(FT)」のデジタル化などについて講演し、「欧米の新聞では、デジタル版が主で紙面を従とする『デジタル・ファースト』がトレンド」などと話した。

 特ダネを紙面より先にニュースサイトなどに掲載する「ウェブ・ファースト」は、既に日本の一部新聞社も手がけている。しかし、「デジタル・ファースト」はデジタル版を優先し、その中から記事を選んで紙面を作るなど、編集の体制や意識の徹底した改革を伴っている点で、単なるウェブ・ファーストとは大きく異なるという。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文735文字)

あわせて読みたい

ニュース特集