メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千種B古墳群

下妻の古墳説明会 あす現地で、貴重な出土品多く /茨城

頭部に四つの突起がある埴輪などが出土した

 下妻市教育委員会は30日、千種B古墳群(同市高道祖(たかさい))の現地説明会を開く。旧石器時代の石器製作跡1カ所や縄文時代の落とし穴6基、古墳時代の古墳14基のほか、埴輪(はにわ)、土器などが見つかっている。

 市教委によると、同古墳群の発掘調査は、南側のしもつま桜塚工業団地拡張の造成工事に伴うもので、2015年9月から約1万3000平方メートルの範囲で実施されてい…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです