メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うどん県

埼玉を日本一に 「香川を超える」会社員の企画に学生協力 来月、入間でイベント /埼玉

日本一の「うどん県」を目指して活動する永谷晶久代表

 埼玉を香川を超える“うどん県”にしよう−−。県内のうどん店情報を発信する「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」は2月13日、入間市の農村環境改善センター(同市下谷ケ貫)で、埼玉のうどんをPRする活動の一環として、「東京大学うどん部」の学生6人を招いて入間流のうどん打ちを伝授する。【海老名富夫】

 2009年の「米麦加工食品生産動態等統計調査」(農林水産省実施)によると、埼玉県のうどん用小麦粉の使用量は、うどん王国の香川県の5万9643トンに次ぐ2万4720トンで、全国2位となっている。

 入間市在住の会社員、永谷晶久(ながたにあきひさ)さん(34)は昨年5月、「うどん王国を抜いて埼玉県…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文735文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです