メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

目立たぬが、要注意=西川恵

 <kin−gon>

 世界中からイランに熱いラブコールが殺到している。経済制裁を解除された国には、その市場や資源への期待、政治的提携への思惑などから、せきを切ったように積極的なアプローチが始まる。これは最近のキューバ、ミャンマーでも明らかだが、イランの場合は規模と内容において前2者と格段に違う。

 これは一言で言えばイランの重みである。産油国で広い国土(面積は日本の4・5倍、人口約7800万人)、高い民度、ペルシャ湾を押さえる地政学的位置、近隣に対する影響(政治、宗教上)の投射力……。

 現在、同国のロウハニ大統領は制裁解除後、初の外遊を行っているが、バチカン(ローマ法王庁)のフランシ…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです