メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

オニール八菜さん=日本から初めてパリ・オペラ座の第1舞踊手に昇進した

オニール八菜さん

オニール八菜(はな)さん(23)

 伝統と格式を誇るパリ・オペラ座バレエで昨年11月、プルミエール・ダンスーズ(第1舞踊手)に昇進した。日本からは初の快挙。直後の13日、花の都は同時多発テロに見舞われたが「厳しい現実を一瞬でも忘れさせるのが芸術家の使命」と、舞台に立ち続ける。

 「テロ発生時はリハーサル中で、『しばらく外へ出るな』と。公演中止を訴えるダンサーもいましたが、非常時こそ文化の力が必要です。恐怖に負けず、普段通りに踊ろう、と思いました」

 2013年の正式入団以来、厳格な階級制を敷くオペラ座の昇進試験を毎年、勝ち抜いてきた。名の響きの通りの「華」と端正な技術を武器に、フランス人でも付属バレエ学校出身でもない不利をはね返す。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです