メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくり地震

周期的に発生、大地震につながる傾向 東日本大震災の際も

 東北大、海洋研究開発機構などのチームは、北海道から関東地方の沖合のプレート(岩板)境界で起きる体に感じない「ゆっくり地震」が、1〜6年周期で起きていることを発見したとして、29日付の米科学誌サイエンスに発表した。ゆっくり地震の発生中にマグニチュード(M)5以上の大きな地震が発生しやすい傾向も分かり、大地震を予測する手がかりになる可能性がある。【久野華代】

 東北大の内田直希助教(地震学)らは、1984〜2011年に北海道−関東沖合のプレート境界付近で発生…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文666文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  2. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉 弟の妻中傷するビラ、近所にまく
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]