メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくり地震

周期的に発生、大地震につながる傾向 東日本大震災の際も

 東北大、海洋研究開発機構などのチームは、北海道から関東地方の沖合のプレート(岩板)境界で起きる体に感じない「ゆっくり地震」が、1〜6年周期で起きていることを発見したとして、29日付の米科学誌サイエンスに発表した。ゆっくり地震の発生中にマグニチュード(M)5以上の大きな地震が発生しやすい傾向も分かり、大地震を予測する手がかりになる可能性がある。【久野華代】

 東北大の内田直希助教(地震学)らは、1984〜2011年に北海道−関東沖合のプレート境界付近で発生…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです