メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくり地震

周期的に発生、大地震につながる傾向 東日本大震災の際も

 東北大、海洋研究開発機構などのチームは、北海道から関東地方の沖合のプレート(岩板)境界で起きる体に感じない「ゆっくり地震」が、1〜6年周期で起きていることを発見したとして、29日付の米科学誌サイエンスに発表した。ゆっくり地震の発生中にマグニチュード(M)5以上の大きな地震が発生しやすい傾向も分かり、大地震を予測する手がかりになる可能性がある。【久野華代】

 東北大の内田直希助教(地震学)らは、1984〜2011年に北海道−関東沖合のプレート境界付近で発生…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです