メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくり地震

周期的に発生、大地震につながる傾向 東日本大震災の際も

 東北大、海洋研究開発機構などのチームは、北海道から関東地方の沖合のプレート(岩板)境界で起きる体に感じない「ゆっくり地震」が、1〜6年周期で起きていることを発見したとして、29日付の米科学誌サイエンスに発表した。ゆっくり地震の発生中にマグニチュード(M)5以上の大きな地震が発生しやすい傾向も分かり、大地震を予測する手がかりになる可能性がある。【久野華代】

 東北大の内田直希助教(地震学)らは、1984〜2011年に北海道−関東沖合のプレート境界付近で発生…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  4. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  5. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです