メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

花粉、昨春より増加 症状にあった薬と治療を

 間もなく花粉シーズンが始まる。寒さが緩んで過ごしやすい春が近づくのに、花粉症の人にとっては憂鬱な季節だ。今年の飛散予測と対処法を考えた。

 花粉の飛散量は、前年夏の気候が影響する。日照時間が長い▽高温▽雨が少ない−−という条件がそろうと、花芽が多く作られ、飛散量が増える。

 日本気象協会(東京都)によると、昨夏は北・東日本で気温が高かったが、日照時間と降水量は平年並み。西日本は低温で日照時間は短く、降水量は多かった。全国的に平年より花粉が少なそうだ。

 ただ、気象協会で予測を担当する手塚由紀子さんは「昨シーズンよりは多くなりそうなので注意を」と呼びか…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです