北朝鮮ミサイル

自衛隊に破壊措置命令…イージス艦で迎撃

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射する兆候があるとして、政府は28日夜、自衛隊に対し、ミサイルを迎撃するための破壊措置命令を出した。政府関係者が明らかにした。命令を受け、自衛隊は警戒態勢を整えている。政府は破壊措置命令の公表はしない方針。【町田徳丈】

 自衛隊は弾道ミサイルに対し、洋上の海上自衛隊のイージス艦から発射される迎撃ミサイルと、航空自衛隊の地上配備型のパトリオット(PAC3)で…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

あわせて読みたい

注目の特集