メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立成育医療研

妊娠前の不安に答えます…専門外来を開設

 妊娠を控えた女性やカップルの相談などに応じる専門外来を、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)が今月、開設した。晩婚化などで高齢出産や持病を抱えての妊娠が増えているほか、小児期に重い病気を経験した人が成長し、妊娠・出産に悩むケースが出ているが、妊娠前に相談できる場は少ない。出産を考えている女性やカップルの幅広い支援を目指すという。

 同センターは、専門外来の主体となる「プレコンセプションケアセンター」を昨年11月に設立し、今月から本格的に業務を始めた。妊娠前のすべての女性やカップルの健康状態を改善させ、生まれる子も含めた長期的な健康増進につなげることが目的。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです