宮崎駿監督

高齢化進むハンセン病療養施設の保存訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 映画監督の宮崎駿氏(75)が28日、東京都港区内で国立ハンセン病療養所多磨全生園(東京都東村山市)について講演し「おろそかに生きてはいけないと学んだ場所。生きることの苦しさに負けずに生きた人たちの巨大な記念碑を残してほしい」と、入所者の高齢化が進む同園の保存を訴えた。スタジオジブリによると2013年9月の…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集