メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

東南アジアの人々との連携 ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 フィリピンのミンダナオ島最大の都市ダバオ市に行った。ミンダナオ島では、反政府武装勢力モロ・イスラム解放戦線(MILF)とフィリピン政府との和平プロセスが2000年代初頭から続くが、一部に不満を抱く勢力がいて、治安が安定しているとはいえない。日本の外務省は島の西側について、渡航中止勧告を出している。

 しかし、東部にある都市、ダバオは、実際に行ってみると、首都マニラより治安も衛生状態も良いように感じた。背景には、市長として長く政治や治安を担ってきたドゥテルテ氏の手腕があるようだ。次の大統領候補という声さえ聞いた。

 そのダバオ市でマンゴーやパイナップルの冷凍食品を製造するナカシン冷食を見学した。鹿児島県でさつま揚…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです