メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手仕事の里へ

蒜山のがま細工(岡山県真庭市) 話が弾めば作業も進む

それぞれの作業に精を出す「蒜山蒲細工生産振興会」の女性たち。時折、にぎやかな掛け合いが始まる=岡山県真庭市で、中本泰代撮影

 <CULTURE>

 JR岡山駅から真庭市蒜山(ひるぜん)まで、高速バスと路線バスを乗り継いで3時間半。昨年12月中旬、車窓は湯原温泉を過ぎたあたりから雪景色に変わった。田んぼの中の空き家の2階が「蒜山蒲細工(がまざいく)生産振興会」の仕事場だ。女性たち6人が車座に座り、そばの石油ストーブの上には、焼き芋を包んだアルミホイルが並ぶ。あいさつもそこそこに、徳山京子さん(79)がたててくれたお茶をみんなで飲んで「あー、おいしい」。一息ついて、作業に戻った。

 湿地に自生するガマで編んだ生活用具「がま細工」作りは毎年、梅雨明け前に始まる。山でヤマカゲ(シナノ…

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです