都会の秘境

阪堺電車・住吉公園駅最後の電車出発進行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
多くの市民や鉄道ファンに見守られながら阪堺電車住吉公園駅を出発する最終電車=大阪市住吉区で2016年1月30日午前8時42分、幾島健太郎撮影
多くの市民や鉄道ファンに見守られながら阪堺電車住吉公園駅を出発する最終電車=大阪市住吉区で2016年1月30日午前8時42分、幾島健太郎撮影

 大阪市南部と堺市を結ぶ路面電車「阪堺電車」の上町線の終点、住吉公園駅(大阪市住吉区)が今月末で廃止されることになり、30日朝、同駅発の最後の電車が出発した。同線の住吉公園−住吉間約200メートルが廃止されるのに伴い、営業を終える。朝の通勤時間帯しか発着がなく、レトロな駅舎の雰囲気から「都会の秘境駅」などと呼ばれ、鉄道ファンや住民に親しまれてきた。最後の運行を一目見ようと、カメラを手に多くの人が駆けつけた。

 住吉公園−住吉間は線路の敷設から約60年が経過し、改修に数億円かかるため、経営上の判断で廃止が決まった。住吉公園駅の東約100メートルには、阪堺線住吉鳥居前駅があり、乗客にはそちらを利用するよう呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文808文字)

あわせて読みたい

注目の特集