雨氷

倒木相次ぎ県道塞ぐ 山中の温泉客262人孤立状態

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雨氷の重みで倒れ、県道をふさいだ木=長野県松本市入山辺で2016年1月30日午前6時56分、古川修司撮影
雨氷の重みで倒れ、県道をふさいだ木=長野県松本市入山辺で2016年1月30日午前6時56分、古川修司撮影

 29日から30日未明にかけて、長野県松本市などで倒木が相次ぎ、道路が塞がれるなどして旅館の宿泊客ら計262人が孤立している。

 29日午後5時ごろ、長野県松本市入山辺の扉温泉近くで倒木が相次ぎ、県道が塞がれ、旅館や日帰り入浴施設利用者と住民の計120人が孤立状態となった。けが人はないが、30日未明まで倒木が続き、県や市が撤去作業を進めている。雨水が枝で凍る「雨氷」の重みで木が倒れたとみられる。

 市災害対策本部によると、倒木は100本以上。現場は市東部の標高約1000メートルの山中。県道は、川沿いの狭い道で、冬季は扉温泉から先は閉鎖されている。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文708文字)

あわせて読みたい

注目の特集