メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トイレ盗撮

法の穴 16県、条例規制は「公共の場所」

全国の盗撮事件の検挙件数(警察庁調べ)

 電車内での隠し撮りは「盗撮」だが、現場が駅のトイレだと立件できない−−。そんな状態が16県で続き、全国の都道府県で規制にばらつきがあることが、毎日新聞の調査で分かった。盗撮は刑法に規定がなく、全都道府県にある迷惑防止条例で禁止されているが、この16県では「公共性の高い場所」に限られているためだ。昨年、条例を改正した福岡県では、半年間で58件検挙しており、識者は条例ではなく法律の改正で対応すべきだと指摘している。【宮嶋梓帆、山本太一】

 スマートフォンの普及などを背景に盗撮の検挙件数は年々増加している。一方で、現行の規制では書類送検にとどまったり、立件できなかったりするケースもある。兵庫県尼崎市の福祉施設で昨年6月、40代の男が女子トイレにビデオカメラを仕掛け、隠し撮りをしていたことが発覚。しかし県警は迷惑防止条例違反を適用できず、軽犯罪法違反(のぞき)容疑で書類送検した。

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1198文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. わざおぎ登場 片岡仁左衛門さん 「梶原平三誉石切」の魅力を語る 敵役が正義の味方として描かれる芝居=完全版

  5. わたしと健康 ラジオパーソナリティー 大沢悠里さん 脳梗塞、狭心症を克服 大好きな仕事のため、体の声に耳すます

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです