サッカーU23

逆転で12年ぶり五輪出場権にイラク歓喜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3位決定戦を延長戦で勝利し、五輪出場を決めて大喜びするイラクの選手たち=カタール・ドーハで2016年1月29日、山本晋撮影
3位決定戦を延長戦で勝利し、五輪出場を決めて大喜びするイラクの選手たち=カタール・ドーハで2016年1月29日、山本晋撮影

 【ドーハ大島祥平】サッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねるU23(23歳以下)アジア選手権は29日、最後の五輪切符を懸けた3位決定戦があり、開催国カタールとイラクが対戦。延長戦の末、イラクが2−1で逆転勝ちして3大会ぶり5回目の五輪出場権を獲得した。

          ◇

 残り1枚の五輪切符を懸け、今大会で最も激しかったと言っていい試合を制したイラク。終了と同時に選手たちがなだれ込み、ピッチサイドで応援団や関係者らと抱き合って12年ぶりの五輪出場権…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集