日銀

「黒田総裁」金融政策、新局面に マイナス金利導入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

2%目標達成を「17年度前半ごろ」に先送り

 日銀は29日の金融政策決定会合で、マイナス金利政策を導入することを賛成多数で決め、金融政策に新しい手法を加えた。追加的な金融緩和は2014年10月以来。市場に流すお金の「量」を重視してきたこれまでの方針を大胆に変えるもので、黒田東彦総裁の金融政策は新しい局面に入る。日銀の決定を受け、東京金融市場では株価や円相場が大きく乱高下した。

 マイナス金利は金融機関が日銀に預ける当座預金に付く金利を現行の0.1%から、最大マイナス0.1%に引き下げる。2月16日以降の新規預け入れ分の一部に適用する。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文857文字)

あわせて読みたい

注目の特集