メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口移動

東京圏が「転入超過」 人口一極集中が浮き彫り

東京・湾岸エリアの高層マンション群=2015年5月24日

39道府県は転出が転入を上回る「転出超過」

 総務省が29日公表した2015年の人口移動報告によると、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)は転入者が転出者を上回る「転入超過」が11万9357人となり、前年に比べ9949人増加した。転入超過の拡大は4年連続。転入超過は全国で8都府県にとどまり、39道府県は転出が転入を上回る「転出超過」だった。政府は地方創生を進めることで、20年に東京圏の転出入を均衡させる目標を掲げているが、人口一極集中の流れが加速している実態が浮き彫りとなった。

 東京圏への転入超過は20年連続。一方で名古屋圏(愛知、岐阜、三重)は1090人、大阪圏(京都、大阪、兵庫、奈良)は9354人の転出超過だった。ともに転出超過は3年連続。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

  3. 大阪のIR誘致スケジュール見直しへ 事業者選定時期など 府と市

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです