人口移動

東京圏が「転入超過」 人口一極集中が浮き彫り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京・湾岸エリアの高層マンション群=2015年5月24日
東京・湾岸エリアの高層マンション群=2015年5月24日

39道府県は転出が転入を上回る「転出超過」

 総務省が29日公表した2015年の人口移動報告によると、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)は転入者が転出者を上回る「転入超過」が11万9357人となり、前年に比べ9949人増加した。転入超過の拡大は4年連続。転入超過は全国で8都府県にとどまり、39道府県は転出が転入を上回る「転出超過」だった。政府は地方創生を進めることで、20年に東京圏の転出入を均衡させる目標を掲げているが、人口一極集中の流れが加速している実態が浮き彫りとなった。

 東京圏への転入超過は20年連続。一方で名古屋圏(愛知、岐阜、三重)は1090人、大阪圏(京都、大阪、兵庫、奈良)は9354人の転出超過だった。ともに転出超過は3年連続。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集