メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『チャップリンとヒトラー』 著者・大野裕之さん

大野裕之さん=望月亮一撮影

 (岩波書店・2376円)

“笑い”が権力に勝利する 大野裕之(おおの・ひろゆき)さん

 世界中の人々を笑わせた喜劇王チャップリンと、震え上がらせたナチスドイツの独裁者ヒトラー。国際的に知られるチャップリン研究家が、映画「独裁者」(1940年)を軸に両者の闘いを「メディア戦」として克明に浮かび上がらせる。「45年より前に決着はついていた。メディアの毒性をより分かっていたチャップリンが一枚上手でした」。本書でサントリー学芸賞を受賞。演劇、映画界でも活躍する多才な著者だけに、時に謎解きのようなスリリングな展開で引き込んでいく。

 「独裁者」を見たのは小学4年の時。「笑わせて泣かせて、社会風刺もある。子どもながらにすごい作品だな…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  4. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです