メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
堀潤のソーシャルメディア日記

「公共性」考え発信を /東京

 <IT Sensor>

 社会問題の現場を市民が訪ねて考える「スタディツアー」を企画運営する「リディラバ」主催のシンポジウム「R−CIC(アール シック)」に、先日、モデレーターとして登壇した。社会起業家や有識者などを招き、社会問題を解決するための知恵やアイデアを話し合うイベントだ。

 最終セッションのテーマは「誰が次の時代のジャーナリズムと公共性を担うのか?」。テレビや新聞などのマスメディアからソーシャルメディアを使った個人発信まで、メディア環境が劇的に多様化する中で、ジャーナリズムにとって必要不可欠な「公共性」とは何かを議論した。

 「何のために発信するのか」という根源的な問いを、登壇した新興メディアの責任者に問うた。過激派組織「イスラム国」やメキシコの麻薬カルテルの潜入ルポなどをYouTubeを使って発信するメディア「VICE」の日本法人代表、佐藤ビンゴさんは「公共性という言葉を公益性という言葉に置き換え、常に誰の“利益”なのかということを念頭に置いています」と語った。さらに「異なる手法、考え方、立場などを知り、フラットな…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです