メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
復興の途上

東日本大震災5年 第1部 まちづくり/1(その2止) 創造的復興遠く

 <1面からつづく>

住民「移転やめる」 宮城・桃浦地区

 宮城県石巻市の桃浦(もものうら)地区の区長、甲谷(こうや)強さん(86)の自宅玄関は、泥だらけの長靴で埋め尽くされた。

 2011年6月。18畳の部屋に車座になった住民から、矢継ぎ早に「なるべく早く高台に移転先を作ってほしい」と声が上がった。甲谷さん宅は、東日本大震災の津波にさらわれた漁港近くで残った4軒しかない民家の1軒。市から頼み込まれ、3年ぶりに区長に復帰したばかりだった。

 市の中心街から約15キロの桃浦は、深い入り江と山々との合間に65戸約150人が暮らしていた。話し合…

この記事は有料記事です。

残り2129文字(全文2397文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです