メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日々是好日

シニア劇団の魅力 演じることで気付く「人生が充実」

真剣な表情で発声練習をするかんじゅく座の団員たち=東京都新宿区で、塩田彩撮影

 団員がすべて高齢者のシニア劇団が全国各地で活動している。埼玉県では、1万人規模の高齢者が出演する大群衆劇の公演も予定されている。シニア世代を魅了する演劇の魅力を探った。

 「あおいろ、えのぐで、あいうえお」「かっぱと、きつねで、かきくけこ」……。東京都新宿区の廃校を利用した公共施設の一室に元気な声が響く。高齢者世代によるアマチュア劇団「かんじゅく座」の稽古(けいこ)だ。

 団員は全員が60歳以上。先月中旬のこの日、都内外から14人が参加した。役者で劇団を主宰する鯨エマさ…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1447文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん

  2. 広島土砂災害 3年 刻む碑「三人いっしょ」 娘夫婦とおなかの命 今月、新しいお墓に

  3. しらかば帳 マンホール人気 /長野

  4. 履正社、投打かみ合い決勝へ駒 岩崎は10K・無四球完投 明石商は打線つながらず

  5. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです