メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是好日

シニア劇団の魅力 演じることで気付く「人生が充実」

真剣な表情で発声練習をするかんじゅく座の団員たち=東京都新宿区で、塩田彩撮影

 団員がすべて高齢者のシニア劇団が全国各地で活動している。埼玉県では、1万人規模の高齢者が出演する大群衆劇の公演も予定されている。シニア世代を魅了する演劇の魅力を探った。

 「あおいろ、えのぐで、あいうえお」「かっぱと、きつねで、かきくけこ」……。東京都新宿区の廃校を利用した公共施設の一室に元気な声が響く。高齢者世代によるアマチュア劇団「かんじゅく座」の稽古(けいこ)だ。

 団員は全員が60歳以上。先月中旬のこの日、都内外から14人が参加した。役者で劇団を主宰する鯨エマさ…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです