メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

転職、やりがいとのバランス

転職セミナーでライフプランに必要性なお金を計算する女性参加者=東京都新宿区で

 出産などのライフイベントを機に、働き方の見直しを迫られる女性にとって、転職はキャリアの選択肢の一つ。だが転職に求める「働きやすさ」や「やりがい」のバランスは人によってさまざまだ。何を基準に転職先を考えたらいいのだろうか。

 ●子供をせきたてて

 干鯛(ひだい)みさきさん(38)は週3、4日、午前10時から午後4時までシステムエンジニア(SE)として働く。肩書は派遣社員だが、現在は第3子の育休中。保育園が見つかれば4月には復職予定だ。大手外資系企業にSEとして勤めていた前職と比べると、収入は激減したが、今が幸せだ。

 10年以上勤めた前職場では、自宅に仕事を持ち帰る毎日だった。子供たちを「早く、早く」とせきたてるように寝かしつけた後でパソコンを開く。夜泣きに焦り、いら立ちを子供にぶつけてしまうこともあった。「もっと子供と向き合いたいし、もっと仕事もしたい。育児も仕事ももっと、というジレンマで、どちらも苦しかった」。干鯛さんは当時をそう振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです