メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

福島泰樹短歌絶叫=酒井佐忠

 短歌に肉声の復権を求めて「短歌絶叫コンサート」の公演を長くつづける福島泰樹が、早大学費学館闘争50周年記念コンサート「バリケード・一九六六年二月」を2月10日から12日まで、東京・吉祥寺の曼荼羅(まんだら)で開催する。

 福島は早大文学部卒。早大短歌会で伊藤一彦らと活躍した。66年2月の早大闘争の最中の青春群像を描いた第一歌集『バリケード・一九六六年二月』を69年に刊行、新鮮で情感豊かな魂の声が一躍、注目された。

 「樽見、君はいまどうしているのだ。六六年二月、ぼくたちがかかげた狼煙(のろし)は、日本のカルチェ・ラタンの先がけとして、今日へと問いつづけているのではないのか」との序詞のあと、<樽見、君の肩に霜ふれ 眠らざる視界はるけく火群ゆらぐを>との巻頭歌がつづく。「樽見」とは、闘争の最中に忽然(こつぜん)と姿を消した友である。さらに、青年の孤立感とあふれ出る情熱を描いた数々の初期代表作は、いまも新鮮だ。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです