中央アフリカPKO

性的不祥事、派遣国を公表…国連

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク草野和彦】国連は1月29日、中央アフリカの国連平和維持活動(PKO)部隊による未成年者への性的不祥事が新たに6件発覚し、バングラデシュ、コンゴ民主共和国、モロッコ、ニジェール、セネガルから派遣された要員が関わっていたことを明らかにした。

 中央アフリカではPKO要員による現地住民への性的不祥事が相次いでいるが、問題を起こした要員の派遣国が公表されたのは初めて。国連は5カ国のうちコンゴ民主共和国について、派遣前の教育が不十分として、全要員を送り返すことを決定…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集