無電柱化

視界良好?…国・自治体始動、世論の後押し期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
無電柱化や景観整備工事を終えた「タワービュー通り」の一区画(左)と、電線が交差するタワービュー通りから一本東を走る道路(右)=東京都墨田区で、中島和哉撮影
無電柱化や景観整備工事を終えた「タワービュー通り」の一区画(左)と、電線が交差するタワービュー通りから一本東を走る道路(右)=東京都墨田区で、中島和哉撮影

 自民党が「無電柱化推進法案」の国会提出を検討している。空を横切る電線は景観を損ない、地震で電柱が倒壊して救助の妨げになる危険もある。ガスや水道は地中を通るのに、なぜ電柱は立ち続けているのか。【中島和哉】

景観損ない 地震倒壊懸念

 東京都墨田区のJR錦糸町駅から北西に徒歩3分。北に延びる路地の正面に東京スカイツリーがそびえる。墨田区などが2008年から無電柱化を進める「タワービュー通り」で約1.2キロの直線道路に電柱や電線はほとんどない。一方、約50メートル東に平行する裏通りは電線が視界を妨げ、雑然とした印象が否めない。

 国内の電柱は約3500万本で、今でも年7万本ペースで増えている。ほぼ100%地中化されたロンドンやパリなどに比べ日本は整備が遅れ、地中化が最も早い東京23区でも約7%(道路延長ベース)どまり。1995年の阪神大震災では約8100本が倒れて救助や復旧の妨げとなったが、神戸市ですら2%強だ。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1215文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集