メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

13年ぶり黒星「自分が弱かった」伊調が帰国

慣れない銀メダルを手に代表選手たちと記念撮影する伊調=千葉・成田空港で2016年2月1日午前8時50分、藤野智成撮影

 レスリング女子58キロ級の伊調馨(ALSOK)が1日、不戦敗を除くと13年ぶりとなる黒星を喫したヤリギン国際の開催地ロシアから成田空港に帰国した。敗戦について「いい勉強になった。成長するきっかけと捉えたい」と気丈に語り、日本選手初の4連覇が懸かる8月のリオデジャネイロ五輪に向けて気持ちを切り替えた。

 到着ロビーに姿を現した伊調は記念撮影で、慣れない銀メダルを首から下げたが、語り口は淡々としていた。…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです