高浜原発

4号機に核燃料装着を開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
貯蔵プール内で1体ずつつり上げられ、隣接する原子炉建屋へ向けて水平に移送される核燃料(棒の先の四角柱)=福井県高浜町の関西電力高浜原発4号機で2016年1月31日午後4時20分(代表撮影)
貯蔵プール内で1体ずつつり上げられ、隣接する原子炉建屋へ向けて水平に移送される核燃料(棒の先の四角柱)=福井県高浜町の関西電力高浜原発4号機で2016年1月31日午後4時20分(代表撮影)

 関西電力は31日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉に核燃料を装着する作業を始めた。核燃料157体を2月3日までに順次装着する。作業と原子力規制委員会の検査が順調に進めば、2月下旬に再稼働する予定だ。

 関電は1月29日に再稼働させた3号機に続き、4号機でもウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

ニュース特集