メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・天売島

今度はネズミ被害 ネコ捕獲の副作用

 希少な海鳥の一大繁殖地、北海道羽幌町の天売(てうり)島で、農作物やケーブルがネズミにかじられる被害が増えている。鳥のひなを襲うとして2014年10月に始まった野良ネコ捕獲がネズミ増加の背景との指摘もあるが、町は「因果関係は分からない」と説明。ネコ捕獲をいったん中断し今度はネズミ対策を始めた。

 町によると、ネズミ被害は昨年秋ごろから目立ち始め、かじられた跡が集落や港で次々に見つかった。漁船のケーブルをかじられた奈良清志さん(63)は「投光器をつけたら煙が出た。こんな被害は漁師歴40年で初めて。海で火災になったら危ない」と心配する。

 国内に約30羽しかいない絶滅危惧種の海鳥ウミガラスの繁殖地もある島は「海鳥の楽園」とも称される。近年はひなを襲う約300匹のネコに悩まされ、環境省や羽幌町などが捕獲を始めた。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  5. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです