メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶体絶命でも明るく元気 伝わるつくり手の温かさ

 火星に派遣された探検隊が巨大な嵐に襲われた。早く逃げださないと全滅してしまう。ところが撤退を急ぐなかで1人が負傷して動けなくなった。助けようとすれば全滅は確実。厳しい選択を迫られた隊長は、負傷者を置いて撤退します。

 ところが、火星に残されたそのひとり、マット・デイモンは死んではいなかった。とはいえ食料も、水も、それでいえば空気だって僅かしかない。マット・デイモン、さ、どうする、というお話です。

 これはもう、お馴染(なじ)みの宇宙サバイバル映画ですね。宇宙で迷子になったサンドラ・ブロックが苦闘…

この記事は有料記事です。

残り1399文字(全文1671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  5. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです