メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

英、ヒト受精卵改変承認 子宮に戻さず

 英フランシス・クリック研究所は1日、遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術をヒトの受精卵に用いる基礎研究の実施について、英政府の直轄機関「ヒト受精・胚機構(HFEA)」の承認を受けたと発表した。ヒト受精卵の遺伝子改変を巡っては、昨年4月に中国の研究チームが病気の受精卵を使った成果を報告している。正常な受精卵を使う研究が認められたのは初めてとみられる。

 今回の基礎研究は、不妊治療患者から体外受精で余った受精卵の提供を受けて実施する。ヒト受精卵の正常な発育に必要な遺伝子を調べ、不妊治療の成功率を上げることが目的。遺伝子改変した受精卵は7日間観察し、子宮には戻さない。倫理審査を経て数カ月以内に開始されるという。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  3. 「崩落の前兆」危機感共有されず 対応後手に 逗子・女子高生死亡

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです