メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利

預金、一部金利下げ 投資信託販売停止の動き

 日銀のマイナス金利導入決定を受けて、金融機関が預金金利の引き下げや、一部金融商品の販売を停止する動きが出始めた。長期金利の指標となる新発10年物国債の市場利回りが一時0・050%と過去最低を記録するなど、影響が表れている。

 りそな銀行は1日、2〜5年満期の定期預金の金利を年0・025%と0・005〜0・025ポイント引き下げた。横浜銀行と八十二銀行も1年以下の定期預金金利を年0・025%から0・020%に引き下げ。インターネット専業のソニー銀行は普通預金金利を年0・020%から年0・001%へと大幅に引き下げた。いずれもマイナス金利導入決定に伴う対応だ。

 日銀の「マイナス金利」では、金融機関が2月16日から日銀に預けるお金の一部に対して、0・1%の金利…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文742文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです