メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利

預金、一部金利下げ 投資信託販売停止の動き

 日銀のマイナス金利導入決定を受けて、金融機関が預金金利の引き下げや、一部金融商品の販売を停止する動きが出始めた。長期金利の指標となる新発10年物国債の市場利回りが一時0・050%と過去最低を記録するなど、影響が表れている。

 りそな銀行は1日、2〜5年満期の定期預金の金利を年0・025%と0・005〜0・025ポイント引き下げた。横浜銀行と八十二銀行も1年以下の定期預金金利を年0・025%から0・020%に引き下げ。インターネット専業のソニー銀行は普通預金金利を年0・020%から年0・001%へと大幅に引き下げた。いずれもマイナス金利導入決定に伴う対応だ。

 日銀の「マイナス金利」では、金融機関が2月16日から日銀に預けるお金の一部に対して、0・1%の金利を日銀に支払う。このため、金融機関のお金が国債市場などに流れるとの見方が広がって、国債価格は上昇(金利は低下)。東京債券市場では1日、2年債から20年債までの幅広い国債の利回りが過去最低を更新した。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです